Research press release

日本人の前立腺がんに関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with prostate cancer in Japanese

日本人の前立腺がん感受性に関連する遺伝的多型について報告した論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。今回の研究は、アジア人集団を対象とした前立腺がんに関するゲノムワイド関連解析として初めてのもので、ヨーロッパ人集団とアジア人集団の間には共通の感受性多型とそれぞれ独自の感受性多型があることを示す証拠が得られた。

前立腺がんは、がんによる死亡原因の上位を占め、アジア人集団における発症率が増加している。中川英刀らは、前立腺がん患者の日本人男性4,584人と健常対照者8,801人を対象として、前立腺がんに関するゲノムワイドな関連解析と追試を行った。その結果、ヨーロッパ人集団を対象とした類似の研究で同定されていなかった5つのゲノム領域が前立腺がんに関連することを見いだした。

Genetic variants associated with susceptibility to prostate cancer in a Japanese population are reported this week in Nature Genetics. This represents the first genome-wide association study for prostate cancer in an Asian population, and finds evidence for both shared and distinct susceptibility variants between European and Asian populations.

Prostate cancer is one of the leading causes of cancer deaths, and shows an increasing incidence in Asian populations. Hidewaki Nakagawa and colleagues report a genome-wide association and replication study for prostate cancer in a total of 4,584 Japanese men and 8,801 healthy controls. They identify five genomic regions associated with prostate cancer that have not previously been identified in similar studies in European populations.

doi: 10.1038/ng.635

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度