Research press release

心筋梗塞時の心室細動

Nature Genetics

Ventricular fibrillation during myocardial infarction

心筋梗塞時の心室細動(心室収縮の協調性が失われた状態)に関連する遺伝的多型について報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。この研究で、心室細動と心突然死に関与している可能性のある経路が新たに発見されたことが示されている。

急性心筋梗塞の際に生じる心室細動は、心臓関連死亡例と全死亡例の主たる原因の1つである。今回、C Bezzinaらは、初めて急性心筋梗塞を起こした972人の患者を対象として、心室細動感受性のゲノムワイド関連解析を行い、その結果を報告している。この解析結果は、入院時に心筋梗塞と心室細動が確認された146人の院外心停止患者と391人の心筋梗塞の病歴のある患者において再現された。Bezzinaらは、心筋梗塞時の心室細動に関連するゲノム遺伝子座を同定したが、この遺伝子座は、これまで心臓関連形質との関係が認められたことがなかった。

Genetic variants associated with ventricular fibrillation (VF) ― uncoordinated contractions of the ventricles in the heart ― during myocardial infarction are reported this week in Nature Genetics. This suggests new pathways that may be involved in ventricular fibrillation and sudden cardiac death.

VF occurring during an acute myocardial infarction is one of the leading causes of cardiac-related and overall mortality. Connie Bezzina and colleagues report a genome-wide association study for susceptibility to ventricular fibrillation in 972 individuals with a first time acute myocardial infarction. They replicated these results in additional studies including 146 out-of-hospital cardiac arrest patients that had confirmed myocardial infarction and VF when admitted to the hospital, and 391 individuals with a history of myocardial infarction. Bezzina and colleagues identify a genomic locus associated with VF in myocardial infarction that has not previously been implicated in cardiac related traits.

doi: 10.1038/ng.623

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度