Research press release

精巣胚細胞がんに影響を及ぼす遺伝的多型

Nature Genetics

Varients influence testicular germ cell cancer

15~45歳の男性に最も多いがんである精巣胚細胞がん(TGCT)の感受性に関連する遺伝的多型について報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

C Turnbullらは、979症例を対象にしたTGCTのゲノムワイド関連解析を行い、さらに、別の664症例を対象とした追解析で当初の解析結果を再現した。今回の関連解析では、TGCT感受性に関連する3つのゲノム領域が新たに同定された。これらの領域には、テロメアの調節に関与するTERTとATF7IPという2つの遺伝子がそれぞれ含まれており、これらの遺伝子がTGCT感受性に関連している可能性がある。テロメアとは、染色体の末端にある反復DNA領域のことで、多くのタイプのがんではテロメアが異常に短くなっている。テロメアの長さを調節するテロメラーゼは、多くのがん細胞や精巣胚細胞で高発現する。テロメラーゼの成分をコードするTERT遺伝子もその他のいくつかのタイプのがんとの関連が認められている。そして、今回、TGCT感受性に関連することが明らかになった第三の遺伝的領域には、性決定遺伝子DMRT1が含まれている。この遺伝子は、精巣の決定と分化に関与していると考えられてきた。

Genetic variants associated with susceptibility to testicular germ cell cancer are reported this week in Nature Genetics. Testicular germ cell cancer (TGCT) is the most common cancer in men aged 15-45.

Clare Turnbull and colleagues conducted a genome-wide association study for TGCT in 979 cases, with replication in an additional 664 cases. They identify three genomic regions newly associated with susceptibility to TGCT. This includes two candidate genes, TERT and ATF7IP, involved in telomere regulation. Unusually shortened telomeres, the regions of repetitive DNA at the ends of a chromosome, have been found in many cancer types. Telomerase, which regulates telomere length, is highly expressed in testicular germ cells as well as a high proportion of cancer cells. TERT, coding for component of telomerase, has also been associated with several other cancer types. The third associated genetic region includes the sex determination gene DMRT1, which has also been implicated in testicular determination and differentiation.

doi: 10.1038/ng.607

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度