Research press release

ルミラコキシブの使用と関連する肝障害

Nature Genetics

Lumiracoxib-related liver injury

変形性関節症や急性疼痛の治療のために開発された非ステロイド性抗炎症薬「ルミラコキシブ」を原因とする肝障害に対する感受性に関連する遺伝的多型を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。遺伝子型判定を行うことで、肝障害の発症リスクのある人を特定し、ルミラコキシブによる治療から排除しうることを、今回の研究成果は示唆している。

ルミラコキシブは、肝毒性に対する懸念を理由として、全世界で販売停止あるいは未承認となっている。今回、C Pauldingらは、ルミラコキシブ治療を受けた患者で肝障害のある者とそれに対応するルミラコキシブ治療を受けた患者で肝障害のない者を対象にルミラコキシブ関連肝障害に対する感受性についてのゲノムワイド関連解析を行った。その結果、主要組織適合遺伝子複合体クラスII領域において、ルミラコキシブ関連肝障害に関連する遺伝的多型を同定した。Pauldingらは、この結果を別の集団を対象とした解析によって再現した。主要組織適合遺伝子複合体クラスIIは、免疫反応や自己免疫の発生で重要な役割を担っている。

Genetic variants associated with susceptibility to liver injury that is caused by lumiracoxib ― a non-steroidal anti-inflammatory drug developed to treat osteoarthritis and acute pain ― are reported this week in Nature Genetics. This suggests that individuals at risk of liver injury could be identified by genotyping and then excluded from lumiracoxib treatment.

Concerns over liver toxicity have led to the withdrawal or non-approval of lumiracoxib in drug markets worldwide. Charles Paulding and colleagues report a genome-wide association study for susceptibility to lumiracoxib-related liver injury in lumiracoxib-treated patients with liver injury and matched lumiracoxib-treated patients without liver injury. They replicated these results identifying genetic variants at the major histocompatibility class II region ― important in the development of the immune system and autoimmunity ― associated with lumiracoxib-related liver injury.

doi: 10.1038/ng.632

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度