Research press release

喫煙行動に影響を及ぼす遺伝的多型

Nature Genetics

Variants influence smoking behaviors

喫煙行動のいくつかの測定値に影響を及ぼす遺伝的多型が同定されたことを報告する3編の論文が、Nature Geneticsに掲載される。これら3つの研究のそれぞれでは、喫煙の開始、喫煙への依存と禁煙を反映する喫煙行動測定値に関するゲノムワイドな関連解析が行われた。そして、喫煙への依存の測定値である1日当たりの喫煙本数について最も強い関連がみられた。

3つの研究では、喫煙行動のいくつかの測定値について記録のある人々のデータについて解析が行われ、その数は合計で14万人を超えている。C Francksらは、喫煙量に関するゲノムワイドなメタ解析を実施し、これまでに報告されていた15番染色体上のCHRNA3-CHRNA5-CHRNB4遺伝子座との関連が再現されたことを報告している。CHRNA3、CHRNA5、CHRNB4各遺伝子は、ニコチン性アセチルコリン受容体サブユニットをコードしている。また、H Furbergらの研究チームとK Stefanssonらの研究チームは、1日当たりの喫煙本数に関連する複数の遺伝領域を同定した。この領域には、別のニコチン性アセチルコリン受容体サブユニットをコードする候補遺伝子(CHRNB3とCHRNA6)とニコチン代謝酵素をコードする候補遺伝子(CYP2A6とCYP2B6)が含まれている。

Genetic variants influence several measures of smoking behavior, report three papers published this week in Nature Genetics. The studies each performed genome-wide association studies for measures of smoking behavior reflecting smoking initiation, dependence, and cessation. The strongest associations were found for the number of cigarettes smoked per day, a measure of smoking dependence.

The three studies collectively analyzed data from over 140,000 individuals with several recorded measurements of smoking behavior. Clyde Francks and colleagues report a genome-wide meta-analysis for smoking quantity that replicates a previous association at the CHRNA3-CHRNA5-CHRNA4 locus on chromosome 15. This includes genes encoding nicotinic acetylcholine receptor subunits. The two studies from Helena Furberg, Kari Stefansson and their respective colleagues also found genetic regions associated to number of cigarettes smoked per day that include candidate genes encoding additional nicotinic acetylcholine receptor subunits, CHRNB3 and CHRNA6, as well as nicotine metabolizing enzymes CYP2A6 and CYP2B6.

doi: 10.1038/ng.571

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度