Research press release

膀胱がんのリスクに関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Genetic risk variant for urinary bladder cancer

膀胱がんのリスクに関連する遺伝的多型を新たに同定したことを報告する研究論文がNature Geneticsに掲載される。

膀胱がん(UBC)は、9番目に罹患率の高いがんで、全世界の患者数は約35万人である。UBCの危険因子としては、喫煙、そして職業による特定の発がん物質への曝露が知られているが、UBCの感受性には、遺伝的危険因子もかかわっていると考えられている。

L Kiemeney、K Stefanssonらの研究チームは、ヨーロッパ系のUBC患者4,739人の遺伝学的解析を行い、FGFR3遺伝子近傍の多型がUBCのリスクに関連していることを見いだした。FGFR3遺伝子の体細胞変異(後天的変異)は、低悪性度の膀胱腫瘍に多く認められる。

Another genetic variant associated with risk of urinary bladder cancer is reported in a study published in Nature Genetics.

Urinary bladder cancer (UBC) is the ninth most common cancer and affects approximately 350,000 people worldwide. Cigarette smoking and occupationally-related exposure to specific carcinogens are known risk factors for UBC, although genetic risk factors are also thought to be involved in UBC susceptibility.

Lambertus Kiemeney, Kari Stefansson, and colleagues analyzed 4,739 European individuals with UBC and found that a variant near the gene FGFR3 is associated with risk of UBC. Somatic, or acquired, mutations in FGFR3 are commonly found in low-grade bladder tumours.

doi: 10.1038/ng.558

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度