Research press release

脳動脈瘤に関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Genetic variants associated with brain aneurysm

頭蓋内動脈瘤の高いリスクに関連する3つの遺伝的多型が新たに同定されたことを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

頭蓋内動脈瘤(「脳動脈瘤」ともよばれる)は、脳内の動脈にできた風船状のふくらみで、そこから血液が漏れ出したり、破裂したりすることがある。このような脳内出血があると、重度の神経損傷が起こり、患者の命が失われることが多い。頭蓋内動脈瘤は、一般集団の約2%で発生し、動脈瘤出血を起こした者の50%以上が30分以内に死亡する。

M Gunelらは、ヨーロッパと日本の約6,000人の頭蓋内動脈瘤患者を対象としたゲノムワイド関連解析を行い、頭蓋内動脈瘤のリスクに関連する3つの遺伝子座を新たに発見した。

Three new genetic variants are associated with increased risk of intracranial aneurysm, reports a study published online this week in Nature Genetics.

Intracranial aneurysm, also called cerebral or brain aneurysm, is a balloon-like bulging of an artery in the brain, that may leak or rupture. Such bleeding in the brain often leads to severe neurologic damage and death. Intracranial aneurysms occur in approximately 2% of the general population; and of those who experience aneurismal hemorrhage, over 50% will die within 30 minutes.

Murat Gunel and colleagues performed a genome-wide analysis of nearly 6,000 patients with intracranial aneurysm from Europe and Japan. They discovered three new genetic loci that are associated with risk of intracranial aneurysm.

doi: 10.1038/ng.563

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度