Research press release

セリアック病に対するリスクに影響する遺伝的多型

Nature Genetics

Genetic variants influence risk of coeliac disease

セリアック病に対する高いリスクに関連する13個の遺伝的多型が新たに同定されたことを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。今回の研究により、セリアック病に関連することが判明した高頻度の遺伝的多型の数が倍増した。

セリアック病とは、コムギ、オオムギ、ライムギに含まれる食事性グルテンやその他のタンパク質によって小腸の内膜が傷つくことを特徴とする遺伝性自己免疫疾患だ。全世界でのセリアック病の罹患率は約1%で、無グルテン食をとることが唯一の有効な治療法となっている。

D van Heelらは、セリアック病患者9,451人のゲノムを解析し、セリアック病に対する高いリスクに関連する13の遺伝領域が同定されたことを報告している。このような関連を有する遺伝領域のほとんどには、免疫系で何らかの機能を担うことが知られている遺伝子が含まれている。また、セリアック病に対するリスクに関連する27個の既知の遺伝的多型のうち18個は、1型糖尿病、関節リウマチなどその他の免疫関連疾患にも関連している。

Thirteen new genetic variants associated with increased risk of coeliac disease are reported online this week in Nature Genetics. This study doubles the number of common genetic variants that have been found to be associated with coeliac disease.

Coeliac disease is an inherited autoimmune condition in which the lining of the small intestine is damaged by dietary gluten and other proteins contained in wheat, barley and rye. The prevalence of coeliac disease is approximately 1% worldwide, and the only effective treatment is following a gluten-free diet.

David van Heel and colleagues scanned the genomes of 9,451 patients with coeliac disease and report 13 genetic regions that are associated with increased risk of the disease. Most of the associated genetic regions contain genes with known functions in the immune system. Eighteen of the 27 known genetic risk variants for coeliac disease are also associated with other immune-related diseases, including type 1 diabetes and rheumatoid arthritis.

doi: 10.1038/ng.543

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度