Research press release

肺疾患に関連する多型

Nature Genetics

Variant associated with lung disease

FAM13A遺伝子における多型が、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の高いリスクに関連していることを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

COPDは、気流閉塞を伴う肺機能低下と定義され、4番目に多い死因とされる。COPDの最大の危険因子は喫煙だが、現在の喫煙者と過去の喫煙者におけるCOPDの発症にはばらつきがある。

M Choらは、3,000人のCOPD患者と肺機能が正常な1,380人のゲノムを比較した。これらの人々は、すべて現在あるいは過去の喫煙者である。そして、Choらは、喫煙量の補正を行ったうえで、染色体4q22.1上のFAM13A遺伝子にCOPD感受性遺伝子多型を同定した。さらには、別の4,000人のゲノムを解析して、この結果を再現した。

A variant at the gene FAM13A is associated with increased risk of chronic obstructive pulmonary disease (COPD), according to a study published online this week in Nature Genetics.

COPD is defined as a reduction in lung function with airflow obstruction and is regarded as the fourth most common cause of death. The largest risk factor for COPD is cigarette smoking, although the development of COPD in current and former smokers is variable.

Michael Cho and colleagues compared the genomes of three thousand COPD patients with 1,380 individuals with normal lung function, though people in both groups were current or former smokers. After adjusting for amount of cigarette smoking, the scientists found a genetic susceptibility variant for COPD at chromosome 4q22.1 in FAM13A. The scientists replicated the result by analyzing four thousand additional individuals.

doi: 10.1038/ng.535

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度