Research press release

膵臓がんのリスク多型

Nature Genetics

Risk variants for pancreatic cancer

膵臓がんの高い発症リスクに関連する遺伝的多型が同定されたことを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

膵臓がんは、毎年、世界で合計20万件の新たな症例が出ており、その死亡率は、罹患率とほぼ等しい。膵臓がんと診断された患者で、その後5年間生存する者は、5%に満たない。

S Chanockらは、膵臓がんの遺伝的関連解析としては最大である約4,000症例のゲノム解析を行い、異なる染色体上の3座位において、膵臓がんの高い発症リスクに関連する遺伝的多型を同定した。そのうち1つの染色体上の遺伝的多型は、CLPTM1L、TERT両遺伝子の近くに位置している。この2つの遺伝子は、これまで脳腫瘍、肺がん、黒色腫などほかの種類のがんに関与すると考えられていた。

Genetic variants associated with increased risk of pancreatic cancer have been identified in a new report, published online this week in Nature Genetics.

Each year there are approximately 200,000 new cases of pancreatic cancer worldwide, with mortality rates nearly equal to incidence rates. Less than 5% of individuals diagnosed with this type of cancer are still alive five years after diagnosis.

Stephen Chanock and colleagues conducted the largest genetic association study to date for pancreatic cancer, analyzing the genomes of nearly 4,000 cases. The authors found genetic variants at 3 loci on different chromosomes are associated with increased risk of pancreatic cancer. The variant on one of these chromosomes is located near the CLPTM1L and TERT genes, both of which have previously been implicated in other forms of cancer, including brain tumors, lung cancer, and melanoma.

doi: 10.1038/ng.522

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度