Research press release

2型糖尿病のリスクと血糖値に影響する新たな遺伝的多型

Nature Genetics

New variants influence type 2 diabetes risk and blood sugar levels

2型糖尿病のリスクと血糖値に関連する高頻度の遺伝的多型が同定されたことを報告する2つの研究論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。この2つの研究成果により、体内の循環血中グルコース濃度に影響する遺伝的多型が明らかになった。その多くは、2型糖尿病のリスクにも影響している。

糖尿病の患者数は、世界で2億2,000万人を超え、その90%が2型糖尿病にかかっている。2型糖尿病は、臨床的には、絶食時血糖値と経口グルコース負荷2時間後の血糖値が慢性的に高い状態と定義されている。経口グルコース負荷試験は、体内で一定量の糖分を利用する能力を測定するために一般的に用いられる。この試験を行う場合には、通常、グルコースを含む甘い液体を患者に飲ませ、このグルコース入りの液体を飲む前後に患者から血液サンプルをそれぞれ採取する。2型糖尿病にかかると、体内で十分な量のインスリンが産生されず、あるいは体内の細胞がインスリンを利用して血糖値を正しく管理できなくなる。

J Florez をリーダーとするMAGIC(グルコース・インスリン関連形質メタ解析コンソーシアム)の研究者グループは、約50,000人の絶食時血糖値データのメタ解析を行い、その結果を別の76,558人で再現し、絶食時血糖値に影響する9つの遺伝的多型を新たに同定した。また、Florezらは、これらの遺伝的多型のいくつかが2型糖尿病の高リスクと関連することも見いだした。一方、R WatanabeをリーダーとするMAGICの研究者グループは、経口グルコース負荷2時間後の血糖値を調べ、特定の血糖値に影響する3つの遺伝的多型を新たに見いだした。そのうちの1つは、Florezらの研究で2型糖尿病に関連することが判明した遺伝的多型と重複している。

Common genetic variants that are associated with risk of type 2 diabetes and blood glucose levels are reported in 2 studies online this week in Nature Genetics. Together, the reports shed light on the genetic variants that influence circulating glucose levels in the body, many of which also influence risk of type 2 diabetes.

More than 220 million people have diabetes worldwide, and 90% of those affected have type 2 diabetes (T2D). Clinically, T2D is defined by a chronic state of elevated blood sugar levels, when measured during fasting or 2 hours after an oral glucose challenge. The oral glucose challenge test is commonly performed to measure the body's ability to use a defined amount of sugar. Typically, the patient is asked to ingest a sweet liquid containing glucose and blood samples are taken prior and after drinking the glucose. In T2D, the body does not produce enough insulin or the body's cells cannot utilize insulin to properly manage blood sugar levels.

The MAGIC (Meta-Analyses of Glucose and Insulin-related traits Consortium) investigators led by Jose Florez performed a meta-analysis of fasting glucose levels in approximately 50,000 individuals, with replication in an additional 76,558 people and identified nine new genetic variants that influence fasting glucose levels. The investigators also found that several of these variants are also associated with increased risk of T2D. In a separate report, the MAGIC investigators led by Richard Watanabe studied blood sugar levels 2 hours after an oral glucose challenge. The authors found three new genetic variants that influence certain glucose levels, with one variant overlapping those variants found to be associated with T2D in the first study.

doi: 10.1038/ng.520

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度