Research press release

代謝物濃度に関連する多型

Nature Genetics

Variants associated with metabolite levels

ヒト血清中の代謝物濃度に関連する遺伝的多型が複数同定されたことを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

生物学的に重要なアミノ酸、糖、脂質などの代謝物の血清中濃度は、体内での生物活性を反映する特異的な測定値であり、臨床的に有用な情報となることが多い。こうした代謝プロファイルは、解析対象の細胞や組織の生理学的スナップショットとなる。

ドイツ環境保健研究センター(ノイヘルベルク)のK Suhreらは、2,000人以上を対象として163種の代謝物の血清中濃度を調べた。次いで、これらの人々についてゲノム解析を行い、代謝にかかわる別々の測定値に関連する9つの遺伝的部位を同定した。そのうちの8つの領域では、遺伝的多型が、関連する代謝物の産生に相関する機能をもつ遺伝子の内部あるいはその近くに位置している。

    以上の結果は、ヒト代謝を調節する高頻度の遺伝的多型を解明する手がかりとなる。

Genetic variants associated with metabolite concentrations in human blood serum are reported in this week’s issue of Nature Genetics.

Concentrations of metabolites, such as biologically relevant amino acids, sugars, and lipids, in blood serum provide specific measurements that reflect biological activity in the body, and often provide clinically useful information. Such metabolic profiles can provide a physiological snapshot of the cells or tissues being analyzed.

Karsten Suhre and colleagues determined the serum concentrations of 163 metabolites in over 2000 individuals. They then scanned the genomes of these individuals and identified nine genetic locations that are each associated with different metabolic measurements. For eight out of the nine regions, the genetic variant is located within or close to genes whose functions are correlated with the production of the associated metabolite.

These results provide insights into the common genetic variants that regulate human metabolism.

doi: 10.1038/ng.507

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度