Research press release

移植片対宿主病に関連する遺伝的ミスマッチ

Nature Genetics

Mismatch associated with graft-versus-host-disease

UGT2B17遺伝子が関与する遺伝的ミスマッチが急性移植片対宿主病のリスクに関連していることを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

移植片対宿主病(GVHD)は、骨髄移植後の一般的な合併症で、臓器提供者(ドナー)由来の細胞が宿主(移植患者、レシピエント)の体に対して起こす免疫応答を原因とする。GVHDの発症率は、ドナーとレシピエントが血縁関係にある場合には30~40%、ない場合には60~80%となっている。

ブロード研究所(米国マサチューセッツ州ケンブリッジ)のS McCarrollらは、ドナーとレシピエントが兄弟姉妹(同胞)の関係にある1,000組以上について遺伝子欠失解析を行い、ドナーのUGT2B17遺伝子が2コピーとも欠失しており、レシピエントにはそのような欠失のない場合に急性GVHDのリスクが高くなることを見いだした。ドナー・レシピエント間でのUGT2B17遺伝子のミスマッチがGVHDのリスクに及ぼす影響力は、既に確立されている性別のミスマッチ(例えば女性ドナーと男性レシピエント)の影響力と同じ程度とされる。

A genetic mismatch involving the gene UGT2B17 is associated with risk of acute graft-versus-host-disease, according to a study published online in this week's Nature Genetics.

Graft-versus-host-disease (GVHD) is a common complication after bone marrow transplant and is caused by an immune response mounted by the donor-derived cells against the host's body. GVHD occurs in 30-40% of transplants between related donors and recipients and up to 60-80% of transplants between unrelated donors and recipients.

Steven McCarroll and colleagues analyzed gene deletions in over 1000 sibling donor-recipient pairs and found a greater risk of acute GVHD in pairs where the donor had deletions in both copies of the gene UGT2B17 and the recipient did not have these deletions. The risk effect of UGT2B17 mismatch is comparable to the established risk effect of gender mismatch ― such as female donor and male recipient.

doi: 10.1038/ng.490

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度