Research press release

細胞表面発現レベルの高いHLA-CとHIV/AIDS進行遅延の関連

Nature Genetics

High levels of HLA-C associated with slower HIV/AIDS progression

免疫系で極めて重要な役割を担うHLA-Cタンパク質の細胞表面発現レベルが高いことが、HIV/AIDSの進行が遅いことに関連するという研究結果を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

現在、全世界で約4,000万人が、重篤な免疫系疾患であるHIV/AIDSに感染している。HIV陽性者の延命治療のために数多くの抗レトロウイルス薬が開発されているが、こうした薬ではHIV/AIDSを治癒できない。

これまでの研究では、HLA-C遺伝子の近傍で見つかった1つの遺伝子多型が、HLA-CのmRNA発現量やHIV RNA量に関連するとされていた。今回、米国立がん研究所(メリーランド州フレデリック)のM Carringtonらは、こうした知見をもとに研究を進め、この遺伝子多型がHLA-Cの発現レベルにも関連していることを明らかにした。さらにCarringtonらは、HLA-C発現レベルの高いHIV陽性者の場合にAIDS発症が遅くなり、HIV量の抑制が有意に優れていることも明らかにしている。

High levels of the protein HLA-C ― a crucial part of the immune system ― are associated with slower progression of HIV/AIDS, according to a study published online this week in Nature Genetics.

About 40 million people worldwide are living with HIV/AIDS, a serious disease of the immune system. Although many anti-retroviral medications have been developed that can extend the lives of HIV-positive individuals, none of these medications can cure the disease.

Previously, a genetic variant found near the HLA-C gene had been associated with expression levels of HLA-C mRNA as well as levels of HIV RNA. Mary Carrington and colleagues now extend these findings, showing that this genetic variant is also associated with HLA-C protein levels. Furthermore, the authors show that HIV-positive individuals with high levels of HLA-C progress more slowly to AIDS and that their HIV levels are significantly better controlled.

doi: 10.1038/ng.486

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度