Research press release

パーキンソン病の危険因子となる高頻度な遺伝子多型

Nature Genetics

Common genetic risk variants for Parkinson's disease

5つの遺伝子における高頻度な多型が孤発性パーキンソン病の危険因子であることが、2つの独立した研究によって判明した。これらの研究は、これまでのパーキンソン病のゲノムワイド関連解析の中で規模が最も大きく、一般集団でパーキンソン病のリスクを高める高頻度な遺伝子多型の解明を前進させた。

パーキンソン病は、65歳以上の人々の1~2%が罹患する神経変性疾患で、振戦(ふるえ)、動作緩慢、筋強剛、姿勢反射障害(倒れやすい)を特徴とする。症状を改善する可能性のある治療法は複数存在しているが、パーキンソン病の進行を遅らせ、あるいは止められるような治療法はない。

戸田達史(神戸大学)らは、約2,000人の日本人のパーキンソン病患者を対象とした解析を行い、PARK16、BST1、SNCA、LRRK2各遺伝子がパーキンソン病のリスクに強く関連することを見いだした。一方、米国立衛生研究所(メリーランド州ベセズダ)のA Singletonらは、約5,000人のヨーロッパ系パーキンソン病患者のゲノムを解析し、SNCA、MAPT両遺伝子内の多型がパーキンソン病のリスクに強く関連することを発見した。そして、この2つの研究チームは、互いのデータを比較し、PARK16、SNCA、LRRK2各遺伝子における多型が、日本人集団とヨーロッパ人集団の両方でパーキンソン病のリスクを高め、BST1、MAPT各遺伝子のリスク多型の影響は集団特異的とする見方を示している。

これまでの研究では、SNCA、LRRK2、MAPT各遺伝子の変異が、まれな常染色体優性パーキンソニズム(パーキンソン病の特徴を示す痴呆症の一種)に関連することがわかっており、まれなタイプのパーキンソニズムに関与するSNCA、LRRK2、MAPT各遺伝子は典型的なパーキンソン病の複雑な遺伝的基盤にも関与することが示唆されていた。

Two independent studies report that common variants at five genes are risk factors for sporadic Parkinson's disease. These studies, published online this week in Nature Genetics, are the largest genome-wide association studies to date for Parkinson's disease and add to our understanding of the common genetic variants that increase risk of Parkinson's in the general population.

Parkinson's disease (PD) is a neurodegenerative disease that affects 1-2% of people above the age of 65 and is characterized by tremors, sluggish movement, muscle stiffness, and difficulty with balance. Although there are medical treatments available that may improve symptoms, there are no treatments that can slow down or halt the progression of PD.

Tatsushi Toda and colleagues analyzed 2000 Japanese patients and found strong associations with risk of PD to the genes PARK16, BST1, SNCA and LRRK2. In the second study, Andrew Singleton and colleagues analyzed the genomes of about 5000 patients of European ancestry and detected strong associations of PD risk to variants within the genes SNCA and MAPT. Both teams compared their data with each other and suggested that variants at PARK16, SNCA and LRRK2 confer a risk of PD in both the Japanese and European populations, while risk variants at BST1 and MAPT are population-specific.

Mutations in SNCA, LRRK2 and MAPT have previously been linked to rare, dominant forms of parkinsonism or dementia with parkinsonian features, indicating that the same genes involved in rare forms of parkinsonism also contribute to the complex genetic basis of typical PD.

doi: 10.1038/ng.485

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度