Research press release

飲酒者の発がんリスクに影響する遺伝子多型

Nature Genetics

Genetic variants affect cancer risk in alcohol drinkers

複数の遺伝子に関して、飲酒者が各種のがんを発症するリスクを下げる多型が同定された。これらの遺伝子には、アルコールを代謝する酵素がコードされており、口腔がん、喉頭がん、咽頭がん、食道がんを発症しにくくなるのである。この成果を報告する論文はNature Genetics(電子版)に掲載される。

飲酒は、上部気道消化管がんの危険因子で、アルコールを代謝する酵素であるアルコール脱水素酵素(ADH)の多型性ががん感受性に影響する、という考え方を支持する証拠も発表されている。

国際がん研究機関(フランス・リヨン)のP Brennanらは、3,800人以上の気道消化器癌患者と5,200人以上からなる対照群について、6種類のADH多型の型判定を行った。その結果、ADH1B遺伝子とADH7遺伝子のそれぞれ1つの多型が、気道消化器がんに対する防御力が有意に高く、この傾向は特に飲酒者の場合に顕著で、アルコール摂取量の多い者で非常に顕著にみられた。このような防御力をもつADH1B遺伝子の多型をもつ人は、もたない人の最大100倍の速さでアルコールを代謝することが知られている。このことからは、アルコール摂取量が少ない方が、気道消化器がんに対する防御力が高まることが示唆される。

Variants in certain genes lower the risk of various types of cancers in individuals who consume alcohol, reports a study published online this week in Nature Genetics. The genes, which encode enzymes that metabolize alcohol, reduce cancers of the mouth, larynx, pharynx and oesophagus.

Alcohol consumption is a risk factor for cancers of the upper aerodigestive tract, and some published evidence supports the notion that variation in the enzymes that metabolize alcohol ? alcohol dehydrogenases (ADH) ? might influence cancer susceptibility.

Paul Brennan and colleagues genotyped 6 ADH variants in more than 3,800 individuals with aerodigestive cancer and over 5,200 controls. One variant each in ADH1B and ADH7 were significantly protective against aerodigestive cancer specifically in individuals who were alcohol drinkers, and most strongly in those who had higher alcohol intake. Individuals with the protective variant in ADH1B are known to metabolize alcohol up to 100 times faster than those without it, suggesting that lower exposure to alcohol is protective against the disease.

doi: 10.1038/ng.151

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度