Research press release

メラノーマ患者に高頻度なERBB4遺伝子の変異

Nature Genetics

Frequent ERBB4 mutations in melanoma

転移メラノーマ患者の19%にERBB4遺伝子の変異がみられたことを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。メラノーマは、皮膚がんの一種で、致死率が高い。早期メラノーマは外科手術によって治癒することが多いが、転移メラノーマは治療が難しく、ほとんどのケースで患者は命を失う。

がんの場合には、タンパク質チロシンキナーゼ(PTK)遺伝子が高頻度に変異していることから、米国立衛生研究所(メリーランド州ベセズダ)のY Samuelsらは、29のメラノーマ試料で86個のPTK遺伝子の配列解読を行い、86個中19個のPTK遺伝子に30種の腫瘍特異的な変異を発見した。また、別の79のメラノーマ腫瘍について行われた塩基配列解読では、99種のがん特異的な変異が見つかり、その19%が、PTK遺伝子の1つであるERBB4遺伝子に生じた変異だった。

さらに、ERBB4遺伝子を変異させる実験では、メラノーマ細胞の増殖が促進され、メラノーマ細胞に阻害薬ラパチニブを加える実験では、メラノーマ細胞の増殖は抑制された。今回の研究は、ERBB4遺伝子に変異のあるメラノーマ患者に対する治療法として、小分子阻害薬を用いてERBB4遺伝子を選択的に阻害する方法を調べる必要性を示唆している。

Mutations in the gene ERBB4 were found in 19% of metatstatic melanomas, a skin cancer that is often fatal, according to a study published online in this week's Nature Genetics. While early-stage melanoma is often cured by surgery, metastatic melanoma is difficult to treat and is almost always fatal.

Since the protein tyrosine kinase (PTK) genes are frequently mutated in cancer, Yardena Samuels and colleagues sequenced 86 PTK genes in 29 melanomas and found 30 tumor-specific mutations in 19 of the 86 PTK genes. Additional sequencing in 79 more melanoma tumors identified 99 cancer-specific mutations, 19% of which were mutations occurring in the PTK gene ERBB4.

Further experiments showed that the mutations in ERBB4 increased growth of melanoma cells in the lab, but treatment of cells with the pharmacological inhibitor lapitinib reduced melanoma cell growth. The research suggests that targeting ERBB4 with small-molecule inhibitors should be investigated as a therapeutic approach for those with melanomas carrying mutations in this gene.

doi: 10.1038/ng.438

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度