Research press release

小児白血病の遺伝的危険因子

Nature Genetics

Genetic risk factors for childhood leukemia

小児急性リンパ芽球性白血病に関連する、複数の比較的高頻度の遺伝的多型が同定されたことを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

急性リンパ芽球性白血病(ALL)とは、白血球のがんの一種で、治療がなされないと患者は死ぬ。小児も成人も、この種のがんにかかることがあるが、症例数は、小児のほうが成人よりも多い。

聖ジュード小児研究病院(米国テネシー州メンフィス)のM Rellingらは、ALLの小児患者(約400人)のゲノムを解析し、ALLに関連するARIDB5とIKZF1遺伝子の比較的高頻度の多型を複数同定した。また、がん研究所(英国サリー州サットン)のR Houlstonらは、これとは独立したALLの小児患者コホート(約1,000人)を調べ、ARIDB5、IKZF1両遺伝子とALLの関連を見いだした。

この2つの遺伝子には、B細胞の分化に関与するタンパク質がコードされている。ALLにかかると影響を受けることの最も多いタイプの白血球がB細胞なのである。

Common genetic variants associated with pediatric acute lymphoblastic leukemia (ALL) have been identified in two new reports published online in this week's Nature Genetics.

ALL is a cancer of the white blood cells that is deadly if untreated. Though both adults and children can be afflicted by this type of cancer, there are more cases of ALL in children than in adults.

Mary Relling and colleagues analyzed the genomes of about 400 children with ALL and identified common variants in the genes ARIDB5 and IKZF1 that are associated with ALL. Richard Houlston and colleagues looked at an independent cohort of nearly 1000 children with ALL and also found the associations between ARIDB5 and IKZF1 and ALL.

These genes encode proteins that are involved in the development of B cells, which are the type of white blood cells most commonly affected in ALL.

doi: 10.1038/ng.432

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度