Research press release

濾胞性リンパ腫の感受性遺伝子座

Nature Genetics

A genetic susceptibility locus for follicular lymphoma

比較的高頻度の遺伝的多型の1つが、濾胞性リンパ腫(FL)の発症リスクと関連していることが明らかになった。この研究論文は、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

リンパ腫は、免疫系を構成する細胞に発生するがんで、ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫(NHL)の2種類に分類される。NHLを発症するリスクは、年齢とともに上昇し、NHL症例の約25%がFLである。FLの全生存率は、患者間のばらつきが大きく、全症例の約20%で、患者が発症後早い時期に死んでいる。

今回の研究で、カリフォルニア大学バークレー校(米国)のC Skibolaらは、NHL患者数千人分のゲノムを解析し、染色体6p21の1つの遺伝的多型がFLと有意に関連していることを報告している。

A common genetic variant is associated with risk for follicular lymphoma (FL), according to a study published online in this week's Nature Genetics.

Lymphomas are cancers that arise in immune system cells, and are classified into two different types: Hodgkin and non-Hodgkin lymphoma (NHL). The risk of developing NHL increases with age, and about 1 out of 4 cases of NHL is follicular lymphoma. The overall survival rate of FL varies widely, but about 20% of cases die early in the course of the disease.

In this study, Christine Skibola and colleagues analyzed the genomes of thousands of individuals with NHL. They report that a genetic variant on chromosome 6p21 is significantly associated with FL.

doi: 10.1038/ng.419

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度