Research press release

数種類のがんに共通する感受性座位

Nature Genetics

A common susceptibility locus for several types of cancer

染色体座位9p21にある2つの遺伝子の近くに特定の遺伝的多型があると、グリオーマ(神経膠腫)、基底細胞がん、メラノーマ(黒色腫)など数種類のがんのリスクが高まることが、5つの独立した研究によって明らかになった。これらの研究論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

がん研究所(英国サットン)のR Houlstonとカリフォルニア大学サンフランシスコ校(米国)のM Wrenschの2つの研究チームは、グリオーマの新たなリスク多型を同定した。グリオーマは脳腫瘍の一種で、通常、予後がよくない。この研究では、グリオーマの高いリスクと関連する5つの座位が同定され、その1つが、染色体座位9p21の遺伝子CDKN2AとCDKN2Bの近傍にある遺伝的多型である。

基底細胞がん(BCC)は、非メラノーマ皮膚がんの一般的なタイプである。BCCの主な環境リスク因子は、日光に当たることだが、遺伝的感受性もBCCのリスクを決定するうえで重要な役割を担っている。デコード社(アイスランド・レイキャビク)のS Staceyらは、遺伝子CDKN2AとCDKN2Bの近傍にあるBCCのリスク多型とほかの染色体上にある2つの新たなリスク多型を同定した。

そして、ロンドン大学キングズカレッジ(英国)のT Spectorとリーズ大学(英国)のT Bishopの2つの研究チームは、遺伝子CDKN2AとCDKN2Bの近傍で、メラノーマの感受性座位を同定した。メラノーマは、BCCと同様に、日光に繰り返し当たることと家族歴があると発症リスクが高くなる。この2つの研究では、メラノーマの高いリスクと関連する別の3つの遺伝的多型についても報告されている。

Genetic variants near two genes on the chromosomal locus 9p21 increase the risk for multiple types of cancer, including glioma, basal cell carcinoma, and melanoma, according to five independent studies published online in this week's Nature Genetics.

Studies by Richard Houlston, Margaret Wrensch and colleagues discovered new risk variants for glioma ― a type of brain cancer that typically has a poor prognosis. Including the genetic variant near the genes CDKN2A and CDKN2B on chromosome 9p21, this new research found five new loci that are associated with increased risk of glioma.

Basal cell carcinoma (BCC) is a common type of non-melanoma skin cancer. The primary environmental risk factor for BCC is sun exposure, although genetic susceptibility also plays an important role in determining risk. Simon Stacey and colleagues identify a risk variant for BCC near CDKN2A and CDKN2B as well as two new risk variants on other chromosomes.

Finally, Tim Spector, Timothy Bishop and colleagues identified a susceptibility locus for melanoma near the genes CDKN2A and CDKN2B. Similar to BCC, repeated sun exposure and familial history of the disease increase the risk of developing melanoma. These studies also report three other genetic variants that are associated with increased risk of melanoma.

doi: 10.1038/ng.407

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度