Research press release

多様性の高い西アフリカの人々を対象としたマラリアGWASに必要な工夫

Nature Genetics

Malaria gene scan tackles diversity of West African populations

ヨーロッパ系とアジア系の人々に一般的にみられる疾患に寄与する遺伝子多型を同定する上で有効なゲノム探索技術は、遺伝的多様性が非常に高いアフリカ系の人々を調べる場合には改良の必要がある。Nature Genetics(電子版)に掲載される重症マラリアに関する国際的な研究論文では、このような結論が報告されている。

オックスフォード大学(英国)のD Kwiatkowskiらは、西アフリカのガンビアの小さな領域に居住する4つの主要な民族とその他数民族の数千人の小児を対象として、脳に影響するマラリアと重症マラリア貧血に関連する遺伝子多型を探索した。その結果、マラリアを予防することが既に知られている鎌状赤血球ヘモグロビン変異体の非常に有意な効果を確認する場合でも、62人のDNA中の遺伝子について配列決定を行ってから、計算モデルを用いて、未同定の遺伝子多型を予想する必要のあることが判明したのだった。

Genome scanning techniques that have been successful in finding genetic variants contributing to common diseases in European and Asian ancestry will have to be modified for studies in Africans because of the sheer genetic diversity of African populations, according to an international study of severe malaria published this week in Nature Genetics.

ominic Kwiatkowski and colleagues looked for genetic variants associated with malaria affecting the brain, and severe malaria anemia in thousands of children from four major ethnic groups and several other groups living in a small area of The Gambia, in Western Africa. The team found that, in order to find highly significant effects of even the sickle cell hemoglobin variant already known to protect against malaria, they had to sequence that gene in DNA of 62 individuals and then predict missing genetic variants using a computational model.

doi: 10.1038/ng.388

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度