Research press release

生物時計の時間合わせに利用される遺伝子多型

Nature Genetics

Gene variants to set your biological clock by

女性の初経と閉経の年齢に個人差があることについて、遺伝子が何らかの手がかりを与えてくれるかもしれないことが、今週、Nature Genetics電子版に掲載される5つの独立した研究グループの論文に示されている。

生殖寿命は、老化する体の根本的な謎であり、生物時計の2つの重要な事象である初経と閉経は、個人の乳がんや骨粗しょう症の生涯リスクといった健康への影響を予測するための有力な因子となっている。

これら5つの研究では、同定された遺伝子多型の1つ1つによる初経と閉経の時期への関与度は、女性で自然にみられる差と比べて小さいことが判明した一方、こうした遺伝子多型の一部については、身長や体重との関連が確認された。

特に思春期の始まるころは、栄養やスポーツトレーニングといった環境要因によっても大きく左右される。今回発表された研究では、こうした特徴が相互にどのような影響を与えるのかを調べる新たな方法が示されている。

Genes may provide some clues to the variation in the age at which a woman gets her first and last menstrual period according to five independent studies published online this week in Nature Genetics.

Reproductive lifespan is a fundamental mystery of the aging body and these two landmark events of the biological clock are powerful predictors of health outcomes such as personal lifetime risks of breast cancer and osteoporosis.

These studies find that the timing contribution of each gene variant identified was small relative to the range naturally found among women, but some of the same variants are also found associated with height and body weight.

The onset of puberty in particular is also strongly influenced by environmental factors such as nutrition and athletic training and this research provides new ways to investigate how these characteristics influence one another.

doi: 10.1038/ng.382

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度