Research press release

一般的な抗生物質の副作用に影響する遺伝子多型

Nature Genetics

Genetic variation influences adverse reaction to common antibiotic

一般的な遺伝的個人差が、抗生物質フルクロキサシリンの副作用によってまれな重症肝障害を発症する可能性に影響を及ぼす、という研究結果を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

フルクロキサシリンは、ヨーロッパとオーストラリアでブドウ球菌感染症の治療に広く用いられている。このほどニューカッスル大学(英)のA Dalyらは、フルクロキサシリン投与後の肝障害の発症リスクと関連する遺伝子多型をもつ人がこのように肝障害を発症する確率が、この遺伝子多型をもたない人より80~100倍高いことを見いだした。

こうしたリスクと関連する遺伝子多型は、北欧系の人々に比較的多くみられるが、アフリカ系とアジア系では、相対的に少ない。この遺伝子多型をもつ者が肝障害を発症するリスクは、もたない者よりも相当に高いが、この多型をもつ者のうち、実際にフルクロキサシリン投与後に肝障害を発症する者は、ごく一部である。それゆえ、遺伝子検査が治療法選択の指針として臨床的に有用かどうかを判断するためには、さらなる検証が必要となるだろう。

A common genetic difference between people influences their chance of developing a rare but serious liver injury as a side effect of taking the antibiotic flucloxacillin, as reported in a paper published online in this week's issue of Nature Genetics.

Flucloxacillin is widely used in Europe and Australia to treat staphylococcus bacterial infections. In their study, Daly and colleagues found that individuals carrying the risk-associated gene variant were 80-100 times more likely than non-carriers to suffer liver injury in response to this antibiotic.

The risk-associated gene variant is relatively common in Northern Europe, but less prevalent in Africa and Asia. Despite being at substantially higher risk than non-carriers, only a small proportion of carriers actually develop liver problems in response to flucloxacillin. Thus, further tests will be needed to determine whether a genetic test would be clinically useful in guiding treatment options.

doi: 10.1038/ng.379

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度