Research press release

血圧調節に関与する比較的高頻度の遺伝子多型

Nature Genetics

Common variants that regulate blood pressure

血圧と高血圧症に影響し、一般集団に比較的高頻度でみられる遺伝子多型が初めて同定された。高血圧は、心血管疾患と腎不全の主たる危険因子であるとともに、修正可能で非感染性の病的状態と死亡の原因となっている。

マサチューセッツ総合病院(米国ボストン)のC N-Chehらは、ヨーロッパ系の人々を対象とした全ゲノム関連解析を実施し、血圧に影響する2つの比較的高頻度の遺伝子多型を発見した。この2つの多型は、心臓や血管によって産生されるタンパク質であるナトリウム利尿ペプチドをコードする遺伝子領域内に位置している。ナトリウム利尿ペプチドという名称は、尿からの塩分排泄過程を調節することが知られている点に由来する。血管壁の応力が増加すると、それに応答して、血管を弛緩させ、尿による余分な塩分の除去を促進するホルモンファミリーが心臓から分泌されることが判明していたが、それ以来、ナトリウム利尿ペプチドは人間の血圧調節にかかわっている可能性があると推測されていた。

この2つの多型は血圧に有意な影響を与え、その影響は、心臓病のリスクを約8%下げることに関連すると考えられてきた血圧の変化に匹敵する。遺伝子型によっては、一生にわたって血圧の変動にさらされることがあり、そうした場合には、この影響が増幅される可能性がある。現在、ナトリウム利尿ペプチド系を慢性的に活性化させる治療薬が、高血圧症の有用な治療法として開発中である。

The first common genetic variants for blood pressure and hypertension in the general population have been identified, according to a study published online this week in Nature Genetics. High blood pressure is a major risk factor for cardiovascular disease and renal failure, and is a modifiable non-infective cause of morbidity and mortality.

Christopher Newton-Cheh and colleagues carried out a genome wide association of European individuals and found two common variants that affect blood pressure. These variants are located in genes that encode proteins produced by the heart and blood vessels, called natriuretic peptides, because they are known to regulate the process of salt excretion through the urine. Since the discovery that the heart secretes a family of hormones that relaxes blood vessels and promotes the removal of excess salt through the urine in response to increased wall stress, it has been speculated that natriuretic peptides might be involved in blood pressure regulation in humans.

The effect these genetic variants have on blood pressure is significant, comparable to changes that have been suggested previously to be associated with an approximately 8% lower risk of heart disease. Potentially lifelong exposure to changes in blood pressure, as can occur due to differences in genotype, could in turn magnify these effects. Therapeutic agents that chronically activate the natriuretic peptide system are now under development as a useful treatment of hypertension.

doi: 10.1038/ng.328

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度