Research press release

肥満のリスクに関与する神経系の機能

Nature Genetics

Neuronal function implicated in obesity risk

新たに肥満の遺伝的危険因子がいくつか同定されたことを報告する2つの研究論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。こうした危険因子とされる遺伝子の多くは、神経系に発現しており、神経系による摂食調節が、体重調節において何らかの役割を果たしていることを明確に示している。

これまで一般的なタイプの肥満に関与しているのは、わずか2つの遺伝子の多型だと一貫して考えられてきた。今回、ブロード研究所(米国マサチューセッツ州)のJ Hirschhornらは、30,000人以上を対象とした全ゲノム関連解析(GWAS)の「メタ解析」を実施し、新たに6つの体重と関連する座位を同定した。これらの座位にある候補遺伝子は、それぞれ脳や視床下部において高いレベルで発現する。

これとは別に、deCODE Genetics社(アイスランド・レイキャビク)のG Thorleifssonらは、同程度の規模の全ゲノム関連解析を実施し、複数の肥満の指標と関連する7つの座位を新たに同定した。そのほとんどはHirschhornらによって同定された座位と同じものである。

こうした頻度の高い多型の1つ1つが体重の個人差に寄与する度合いは小さいが、同じ座位にある頻度の低い多型が一部の人々の体重に、より大きな影響を与える可能性がある。

Several new genetic risk factors for obesity have been identified, according to two studies published online this week in Nature Genetics. Most of these genes are expressed in the nervous system, highlighting a role for neuronal control of food intake in regulating weight.

Variation in only two genes has been consistently implicated in susceptibility to common forms of obesity. Joel Hirschhorn and colleagues carried out a ‘meta-analysis’ of genome-wide association studies (GWAS) of more than 30,000 individuals and identified six new loci associated with body weight. Each of the candidate genes at these loci is expressed at high levels in the brain and hypothalamus.

In a separate study, Gudmar Thorleifsson and colleagues carried out a GWAS of similar size and identified seven new loci associated with measures of obesity, most of which were also found in the Hirschhorn study.

Although these common variants each contribute only a small amount to variation in body weight, it is possible that rare variants at the same loci will have more significant effects on body weight in some people.

doi: 10.1038/ng.274

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度