Research press release

カンボジアの薬剤耐性マラリア

Nature Genetics

Drug resistant malaria in Cambodia

マラリア病原体である熱帯熱マラリア原虫(Plasmodium falciparum)の大規模コレクションを用いて、ゲノムの塩基配列解読が行われ、マラリア治療における標準的な第一選択薬であるアルテミシニンに対するマラリア原虫の耐性の進化と最近の東南アジアにおけるマラリア流行に関する手がかりが得られた。

今回、Dominic Kwiatkowskiたちは、西アフリカと東南アジアの10か所で収集された最近のマラリア症例825例から単離されたP. falciparumの全ゲノム塩基配列解読を行った。その結果、このゲノムにおける遺伝的変異のパターンと薬剤耐性の特徴が明らかになり、アルテミシニン耐性を有する3つの下位個体群がカンボジア西部で同定された。また、アルテミシニン耐性系統のマラリア原虫を他の系統から区別できる遺伝マーカーも同定され、これが、薬剤耐性の拡大と進化を常時把握するうえで役立つ可能性がある。

Sequencing of the genomes of a large collection of Plasmodium falciparum, the causative agent of malaria, is reported in Nature Genetics. This provides insights into the evolution of parasite resistance to artemisinin, a standard first line drug for malaria treatment, and the recent epidemic in South-East Asia.

Dominic Kwiatkowski and colleagues sequenced the whole genomes of P. falciparum isolated from 825 recent malaria cases collected from 10 locations in West Africa and South-East Asia. They characterize patterns of genetic variation and drug resistance in these parasite genomes, and were able to identify three distinct subpopulations in western Cambodia that are artemisinin resistant. They identify genetic markers that differentiate these artemisinin resistant strains from other strains, which may be useful in tracking the spread and evolution of resistance.

doi: 10.1038/ng.2624

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度