Research press release

プラティのゲノムの塩基配列解読

Nature Genetics

Sequencing of the platyfish genome

カダヤシ科の淡水魚プラティのゲノムの塩基配列解読と解析が初めて行われた。今回の研究成果は、プラティの進化的適応に関する手がかりであり、がん研究のモデルとしてのプラティの可能性も明らかになった。

今回、Wesley Warrenたちは、プラティのゲノムの塩基配列解読を行い、その結果を報告している。Warrenたちは、胎生の繁殖様式、色素パターン、がん形質、行動形質など、数々の形質の進化を調べるためのモデルとして、プラティを用いた。その結果、プラティの色素パターン化と黒色腫の発生に関係すると考えられる遺伝子が同定された。また、胎生に関連する遺伝子の選択を示す証拠も見つかった。胎生とは、母体内での胚の発生のことで、最終的には生仔出生に至る。さらには、硬骨魚類の進化において、認知に関係すると考えられる重複遺伝子の選択的保持が同定された。今回の研究結果からは、魚類における行動の複雑性の進化に関する1つのモデルが示唆されている。

The sequence and analysis of the platyfish genome is published this week in Nature Genetics. The work represents the first genome sequence of a poeciliid fish and provides insights into evolutionary adaptation in this freshwater fish as well as a potential model for cancer research.

Wesley Warren and colleagues report sequencing of the genome of the platyfish. The author s use this as a model to examine the evolution of a number of traits, including a live bearing reproductive mode, pigmentation patterns, cancer and behavioral traits. They identify a gene implicated in both pigmentation patterning and melanoma development in the platyfish. They also find evidence for selection of genes associated with viviparity - the development of the embryo inside the body of the mother, eventually leading to a live birth. In addition, they identify selective retention of duplicate genes implicated in cognition during the evolution of teleost fish, suggesting a model for the evolution of behavioral complexity in fish.

doi: 10.1038/ng.2604

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度