Research press release

ホルモンが関係するがんに関連する遺伝的変異

Nature Genetics

Genetic variants associated with hormone-related cancers

Nature Geneticsに寄せられた5本の論文とNature Communicationsに寄せられた2本の論文によって、乳がん、卵巣がん、前立腺がんに関連するゲノム領域の数がこれまでの2倍近くになることが判明した。これは、国際がん遺伝子環境要因研究(COGS)の一環であり、ホルモンが関係するこの3種類のがんの遺伝的基盤解明に向けた大きな節目である。世界では、毎年250万人がこの3種類のがんと診断され、死亡率は約3分の1である。

Nature Geneticsの3本の論文でDouglas Easton、Rosalind Eeles、Paul Pharoahが率いる3つのグループはそれぞれ、これらのがんとの関連が新たに判明したゲノム領域について報告している。他の3つの雑誌に掲載された6本の関連論文と合わせ、この3つのCOGSグループが新たに同定した感受性遺伝子座は全部で74か所に上る。Easton、Eeles、Pharoahたちはいずれも大規模なゲノム規模の関連研究から始め、次に、これらのがんについての個別の研究から選んだ有望な遺伝的変異を含んだ特注の遺伝子型決定アレイを用いて、別の大規模なコホートで再び解析を行った。この横断的研究手法のおかげで共通した感受性領域を同定することができ、これら3種類のがんに共通した遺伝的基盤、機構が存在することが示された。

Montserrat Garcia-Closasのグループは、ホルモン感受性乳がんの一種で乳がんの全診断例の20-30%を占めるサブタイプについて、関連するゲノム領域4か所を明らかにした。Stig Bojesenたちは、染色体末端にあるテロメアの長さに関連すると同時に複数のがんの感受性にも関連するゲノム領域1か所について、変異体の遺伝的機能的性質を詳しく解明している。Nature Geneticsに寄せられた2本のCommentaryの一方では、Hilary Burtonたちがこれらの新しい遺伝学的知見が公衆衛生にどのようにかかわってくるかを考え、これらの知見に基づいたリスク予測への期待を語っている。

最後にNature Communicationsでは、Celeste Leigh Pearceたちが、ある特異的転写因子の遺伝的変異体が卵巣癌の2種類のサブタイプの発症に関連することを明らかにし、もう1つの論文ではJennifer Permuth-Weyたちが、上皮性卵巣癌の新しい感受性遺伝子座を報告している。

A near doubling of the number of genomic regions associated with breast, ovarian, and prostate cancer is reported in five papers published in Nature Genetics and two papers published in Nature Communications. As part of the Collaborative Oncological Gene-environment Study (COGS), this represents a milestone in our understanding of the genetic basis of these three hormone-related cancers, which are diagnosed each year in over 2.5 million people worldwide, with about a one-third mortality rate.

In the three primary papers at Nature Genetics, Douglas Easton, Rosalind Eeles, and Paul Pharoah and their respective colleagues report on genomic regions newly associated with these cancers. Together with six other coordinated papers in another three journals, the COGS authors collectively identified 74 new susceptibility loci. Easton, Eeles, Pharoah and colleagues each start with large-scale genome-wide association studies, followed by replication in additional large cohorts using a custom genotyping array that included promising genetic variants selected from each cancer-specific study. This cross study approach also allowed for the identification of shared susceptibility regions, which suggest a shared genetic basis and mechanism between these three cancers.

Montserrat Garcia-Closas and colleagues report four genomic regions associated with a common hormone-related subtype of breast cancer that represents 20-30% of all diagnoses. Stig Bojesen and colleagues report a detailed genetic and functional characterization of variants at one genomic region associated with the length of telomeres, found at the end of chromosomes, as well as susceptibility to multiple cancers. In one of two commentaries appearing in Nature Genetics, Hilary Burton and colleagues provide perspectives on public health implications and the potential for risk prediction based on these new genetic findings.

Lastly, in Nature Communications Celeste Leigh Pearce and colleagues report that genetic variants in a specific transcription factor are associated with risk of developing two subtypes of ovarian cancer; in a second paper, Jennifer Permuth-Wey and colleagues report a new susceptibility locus for epithelial ovarian cancer.

doi: 10.1038/ng.2563

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度