Research press release

薬剤耐性小児白血病において同定された変異

Nature Genetics

Mutation identified in drug resistant childhood leukemia

細胞質内の5'-ヌクレオチダーゼをコードするNT5C2遺伝子の変異が、急性リンパ芽球性白血病(ALL)の小児患者における化学療法抵抗性の一因であることを報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。

ALLは、最も一般的な小児悪性病変であり、小児がん全体の25%以上を占めている。治癒率は高いが、患者の10~20%で再発する。再発性の小児急性リンパ芽球性白血病の場合、内因性薬剤耐性のために予後が思わしくない。しかし、この薬剤耐性を仲介する生物学的経路はわかっていない。

今回、W Carrollたちは、同じALL患者から診断時と再発時に得た骨髄試料を10人分集め、RNA塩基配列解読(RNA-seq)を行った。その結果、2人の患者においてNT5C2遺伝子の再発特異的変異が同定され、さらに、61の再発試料でNT5C2遺伝子の変異が5つ同定された。また、Carrollたちは、変異型NT5C2タンパク質の酵素活性が亢進しており、ヌクレオシド類似体療法を行った培養細胞が耐性を獲得したことも明らかにした。

Mutations in the cytosolic 5’-nucleotidase II (NT5C2) gene that contribute to chemotherapy resistance in children with acute lymphoblastic leukemia (ALL) are reported in a study published online this week in Nature Genetics.

ALL is the most common pediatric malignancy, accounting for greater than 25% of all childhood cancers. Cure rates are high, but 10-20% of patients experience disease recurrence. Relapsed childhood ALL carries a poor prognosis due to intrinsic drug resistance, though the biological pathways that mediate this resistance are unknown.

William Carroll and colleagues report on transcriptome RNA sequencing of matched bone marrow samples obtained at diagnosis and relapse from ten ALL patients. They identified relapse specific mutations in NT5C2 in two patients, as well as five additional NT5C2 mutations in 61 additional relapse specimens. The authors found that mutant NT5C2 proteins had increased enzymatic activity and conferred resistance to cultured cells treated with nucleoside analogue therapies.

doi: 10.1038/ng.2558

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度