Research press release

冠動脈疾患に関連する遺伝子多様体

Nature Genetics

Variants associated with coronary artery disease

冠動脈疾患に関連する遺伝子多様体について報告する論文が、今週掲載される。冠動脈疾患は、全世界での主な死亡原因の1つとなっている。

今回、P Deloukasたちは、症例(63,746例)と対照(130,681例)について、カスタムジェノタイピングと詳細マッピングアレイを用いて、冠動脈疾患に関する大規模関連解析を行った。その結果、冠動脈疾患に関連する15のゲノム領域が同定された。その結果、これまでに報告された感受性座位の数が46となり、Deloukasたちの推定では、これらの座位全部で冠動脈疾患の遺伝性の約10.6%が説明できるとされる。また、Deloukasたちのネットワーク解析では、冠動脈疾患の易罹患性に脂質代謝と炎症の経路が関与していることが示唆されている。

Genetic variants associated with coronary artery disease are reported in a study published this week in Nature Genetics. Coronary artery disease is a major cause of mortality worldwide.

Panos Deloukas and colleagues report a large-scale association analysis for coronary artery disease in 63,746 cases and 130,681 controls, using a custom genotyping and fine-mapping array. They identify 15 genomic regions associated with coronary artery disease. This brings the number of reported susceptibility loci to 46, and the authors estimate that together these explain ~10.6% of coronary artery disease heritability. Their network analysis suggests the involvement of pathways in lipid metabolism and inflammation in the susceptibility to coronary artery disease.

doi: 10.1038/ng.2480

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度