Research press release

侵襲性ネズミチフス菌のゲノム塩基配列解読

Nature Genetics

Genome sequencing of invasive Salmonella Typhimurium

世界中のネズミチフス菌(Salmonella typhimurium)の標本コレクションを用いた全ゲノム塩基配列解読について報告する論文が、今週、Nature Geneticsに掲載される。

サルモネラ(Salmonella)感染症は、チフス型と非チフス型(NTS)に分類され、ネズミチフス菌は、サハラ砂漠以南のアフリカで発生する侵襲性NTSと密接に関連している。侵襲性NTSは、栄養不良、重度の貧血、マラリアやHIVにかかった子どもとHIVの成人感染者に広くみられる。

Gordon Douganたちは、179点のネズミチフス菌の標本について、ゲノム塩基配列解読を行った。この標本には、侵襲性疾患と関連し、多様性に富んだサハラ砂漠以南のアフリカの菌株標本129点が含まれている。その結果、標本の大部分の起源が、非常に近縁な2つの系統であることが判明し、Douganたちは、それぞれ約52年前と約35年前に出現し、それが現在のHIVの大流行と密接に関連していると推測している。この2つの系統の類似性は、サハラ砂漠以南のアフリカ以外で収集された遺伝的多様性の高いネズミチフス菌の標本とは対照的だった。

The whole-genome sequencing of a global collection of Salmonella Typhimurium isolates is reported in this week’s issue of Nature Genetics.

Salmonella infections are classified as typhoidal or non-typhoidal (NTS). Salmonella Typhimurium is closely associated with invasive NTS in sub-Saharan Africa, which is common in children with malnutrition, severe anemia, malaria or HIV and HIV-infected adults.

Gordon Dougan and colleagues sequenced the genomes of 179 Salmonella Typhimurium isolates, including 129 diverse sub-Saharan African isolates associated with invasive disease. They show that the majority of isolates originate from two very closely related lineages, and estimate that they emerged ~52 and ~35 years ago, in close association with the current HIV pandemic. The similarity between the two lineages is in contrast to the genetically diverse Salmonella Typhimurium isolates outside sub-Saharan Africa.

doi: 10.1038/ng.2423

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度