Research press release

男性型脱毛症への感受性

Nature Genetics

Susceptibility to male-pattern baldness

男性型脱毛症の複数の遺伝的危険因子が2つの研究によって新たに同定された。この成果を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

男性型脱毛症(男性ホルモン性脱毛症とも呼ばれる)には、成人男女の40%が罹患している。この疾患は、社会への影響があるだけでなく、冠動脈性心疾患とも関連付けられてきた。これまでの研究では、アンドロゲン受容体をコードする遺伝子の多型が疾患感受性に寄与することが判明していたが、それ以外に遺伝的危険因子は発見されていなかった。

ボン大学(ドイツ)のA Hillmerの研究チームとロンドン大学キングス・カレッジ(英国)のT Spectorの研究チームは、20番染色体上で密に連鎖した複数の遺伝子多型が男性型脱毛症の素因であることを、それぞれ独自に報告している。発症リスクは大きく上昇しており、Spectorらは、20番染色体上の多型1つとアンドロゲン受容体をコードする遺伝子の多型1つを有する男性の14%で、発症リスクが7倍以上高いことを報告している。また、Hillmerらは、20番染色体上のリスク多型の頻度には世界各地でばらつきがあることを明らかにしているが、これが、男性型脱毛症の罹患率が人種によって異なる原因の一部かもしれない。今回同定された多型は、2つの遺伝子(PAX1とFOXA2)の近くに位置している。ただし、脱毛におけるPAX1とFOXA2の役割の有無とその内容については解明されていない。

New genetic risk factors for male-pattern baldness have been identified in two studies published online this week in Nature Genetics.

Male-pattern baldness, also known as androgenic alopecia, affects 40% of adult men and women. It not only has social implications, but has been linked to coronary heart disease as well. Previous work identified variation in the gene which encodes the androgen receptor as contributing to susceptibility, but additional genetic risk factors had not yet been discovered.

Two groups led by Axel Hillmer and Tim Spector independently report closely linked variants on chromosome 20 as predisposing to male-pattern baldness. The increased risk is substantial, with Spector and colleagues reporting that the 14% of men carrying one chromosome 20 variant and one androgen receptor variant have an increased risk of more than 7 times. Hillmer and colleagues show that the frequency of the chromosome 20 risk variant varies worldwide, and could explain part of the population-specific differences in androgenic alopecia. These variants are near two genes, PAX1 and FOXA2, although their role in hair loss, if any, has not yet been defined.

doi: 10.1038/ng.228

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度