Research press release

血糖レベルに関する形質と関連する遺伝子多様体

Nature Genetics

Variants associated with glycemic traits

空腹時インスリン値に関連する遺伝子多様体について報告する論文が、今週、Nature Geneticsに掲載される。この研究で得られた知見は、インスリン抵抗性の遺伝的基盤に関する手がかりといえる。

C Langenbergたちが、90,000人以上の糖尿病患者でない被験者を含む52の研究を対象として、血糖レベルに関する形質についてのゲノムワイド関連解析を行った。今回は、空腹時インスリン値と空腹時血糖値との関連解析に新しい共同メタ解析法を用いて、ボディマス指数(BMI)による補正ができるようにして、BMIとの相互作用を調べた。その結果、空腹時インスリン値と関連する6箇所の座位が新たに同定された。Langenbergたちは、このリスクを高める多様体が、高いトリグリセリド値と低い高密度リポタンパク質(HDL)コレステロール値と関連している点を指摘し、この多様体がインスリン抵抗性にかかわっているとの見方を示している。

Genetic variants associated with fasting insulin levels are reported in a study this week in Nature Genetics. Their findings provide insights into the genetic basis of insulin resistance.

Claudia Langenberg and colleagues report a genome-wide association analyses for glycemic traits in 52 studies including over 90,000 non-diabetic individuals. They applied a new joint meta-analysis approach for association testing with fasting insulin and glucose levels, which allowed for adjustment and interaction with body mass index (BMI). They identify six loci newly association with fasting insulin levels. They note that the risk variants were also associated with higher triglyceride and lower high-density lipoprotein (HDL) cholesterol levels, suggesting a role in insulin resistance.

doi: 10.1038/ng.2274

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度