Research press release

毛包幹細胞の正体が明らかに

Nature Genetics

Hair follicle stem cells identified

再増殖して、毛包の全種類の細胞を維持する能力をもつマウスの幹細胞集団が発見されたことを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。今回の研究成果は、毛包幹細胞の正体に関する従来の仮説を覆すものである。

マウスの毛包幹細胞は、毛包の「バルジ(膨らんだ)」領域に存在すると考えられてきており、「標識保持細胞」という非分裂細胞の集団が毛包の成長に重要な貢献をするという考え方が示されていた。

カロリンスカ研究所(スウェーデン)のR Toftgardらは、これまでの研究で、Lgr5タンパク質を発現する小腸と結腸の細胞集団に幹細胞の性質が備わっていることを明らかにしていた。今回の研究では、Lgr5タンパク質を発現する細胞がマウスの毛包に存在し、毛包の成長時に増殖することを報告している。Lgr5タンパク質を発現する単離細胞をヌードマウスの背中に移植する実験では、毛包全体が再生した。

Toftgardらは、組織の損傷があると、標識保持細胞が予備の幹細胞集団としての機能を果たすという見方を示している。これに対して、正常な状態では、Lgr5タンパク質を発現する分裂細胞集団が、成長と死という通常のサイクルを通じて、毛包を維持する。

Scientists have discovered a group of stem cells in mice that can repopulate and maintain all cell types of the hair follicle, reports a study online this week in Nature Genetics. This work reverses previously held assumptions about the identity of hair follicle stem cells.

Mouse hair follicle stem cells have been thought to reside in the ‘bulge’ region of the hair follicle, and a group of non-dividing cells known as ‘label retaining cells’ have been proposed as the key contributors to hair follicle growth.

Rune Toftgard and colleagues previously showed that a group of cells in the intestine and colon that express the protein Lgr5 have stem cell properties in those tissues. They now report that Lgr5-expressing cells exist in mouse hair follicles, and that such cells proliferate during hair follicle growth. Isolated Lgr5-expressing cells can then regenerate complete hair follicles when transplanted onto the backs of nude mice.

The authors suggest that the label retaining cells may serve as a reserve stem cell population activated after there has been tissue damage. During normal conditions, however, a dividing cell population expressing Lgr5 maintains the hair follicle through its normal cycle of growth and death.

doi: 10.1038/ng.239

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度