Research press release

ウィルムス腫瘍に対する感受性

Nature Genetics

Susceptibility to Wilms tumor

ウィルムス腫瘍に対する感受性に関連する配列多様体が2つのゲノム領域内で同定された。ウィルムス腫瘍は、最もよくみられる小児の悪性腎腫瘍で、今回の研究は、ウィルムス腫瘍に対する感受性に影響する可能性のある因子に関する手がかりをもたらしている。その詳細を報告する論文は、今週、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

今回、N Rahmanたちは、ウィルムス腫瘍の患者(757人)と対照(1,879人)についてゲノムワイド関連解析を行い、その後、2セットのデータ(769症例と2,814例の対照群、719症例と1,037例の対照群)で追試を行った。その結果、染色体2p24と11q14上で、ウィルムス腫瘍に対する感受性に関連する高頻度配列多様体が同定された。

Genetic variants at two genomic regions are reported as associated with susceptibility to Wilms tumor in a study this week in Nature Genetics. Wilms tumor is the most common renal malignancy of childhood and this work provides insight into the factors that may influence susceptibility to this disease.

Nazneen Rahman and colleagues report a genome wide association study in 757 individuals with Wilms tumor and 1,879 controls, with two sets of replication in 769 cases and 2,814 controls, and then 719 cases and 1,037 controls. They identify common genetic variants at chromosome 2p24 and 11q14 that are associated with susceptibility to Wilms tumor.

doi: 10.1038/ng.2251

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度