Research press release

始生代のもや

Nature Genetics

Archaean haze

26億5千万年前から25億年前には、地球大気は炭化水素のもやと、もやのない条件との間を周期的に推移していたと今週号のNature Geoscience onlineに発表された論文が報告している。約1億年後に大気が酸化された後に、もやは永久に消滅した。 Aubrey Zerkle等は、26億5千万年前から25億年前に現在の南アフリカで堆積した海洋堆積物の地球化学的性質を分析した。彼らは、微生物により局所的に酸素が生産された証拠を見つけたが、炭素と硫黄の同位体はその酸素は全く大気には取り込まれなかったことを示している。その代わりに、著者等は大気が、厚い炭化水素のもやに覆われた状態と、もやのない状態との間を繰り返し推移していたと示唆している。研究チームは、推移が起きたのは微生物のメタン生産速度変化が原因だとしている。

The Earth’s atmosphere periodically transitioned between a hydrocarbon haze and haze-free conditions 2.65-2.5 billion years ago, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. The haze permanently retreated following the oxygenation of the atmosphere approximately 100 million years later. Aubrey Zerkle and colleagues analysed the geochemistry of marine sediments deposited between 2.65 and 2.5 billion years ago in what is now South Africa. They found evidence of local production of oxygen by microbes, but carbon and sulphur isotopes indicate that little of that oxygen entered the atmosphere. Instead, the authors suggest that the atmosphere transitioned repeatedly between two states: one with a thick, hydrocarbon haze and the other haze-free. The team attributes the transitions to changes in the rate of methane production by microbes.

doi: 10.1038/ngeo1425

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度