Research press release

キュウリのゲノム塩基配列解読

Nature Genetics

Cucumber genome sequenced

経済的に重要なキュウリのゲノム塩基配列が解読されたことを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

キュウリは、ウリ科キュウリ属の植物で、ウリ科の植物としては、このほかにメロン、スイカ、カボチャなどがある。ウリ科作物全体の作付面積は、900万ヘクタールで、その果実、野菜、種子の収量は合わせて年間1億8,400万トンになっている。これまでにゲノム塩基配列解読の行われた植物としては、よく研究された植物モデルであるシロイヌナズナ、ポプラ樹、ブドウ、パパイア、そしてイネとモロコシといった作物があり、キュウリは7番目の植物となる。

深セン華大遺伝子研究院(中国)のJ Wangらは、従来のDNA配列解読法と次世代配列解読技術の両方を用いて、キュウリのゲノムを構築した。植物のゲノムを初めて構築するために次世代配列解読データが用いられたのは今回が初めてである。キュウリのゲノムは、2億4,500万塩基対の長さで、3億8,900万塩基対のイネゲノムに似ている。解読されたゲノムは、ウリ科のエリート種を開発する育種家にとっての情報源となり、植物の発生のさまざまな局面を研究するためにも役立つことだろう。

The genome of the cucumber, an economically important crop, has been sequenced, according to a report published online this week in Nature Genetics.

The cucumber is part of the cucurbit botanical family, which also includes melon, watermelon, squash and pumpkin. Altogether, cucurbit crops utilize nine million hectares of land and yield 184 million tons of fruit, vegetables and seed each year. The cucumber is the seventh plant to have its genome sequenced, following the well-studied plant model Arabidopsis thaliana, the poplar tree, grapevine, papaya, and the crops rice and sorghum.

Jun Wang and colleagues used both traditional DNA sequencing methods and next-generation sequencing technologies to assemble the cucumber genome. This was the first time next-generation sequencing data was used in the initial assembly of a plant genome. The cucumber genome is 245 million base pairs, similar to the rice genome, which is 389 million base pairs. The sequenced genome will be a resource for plant breeders developing elite varieties of cucurbits and will also be useful for studying different aspects of plant development.

doi: 10.1038/ng.475

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度