Research press release

乳がんに関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with breast cancer

乳がんは、女性で最も頻繁に見られるがんで、1年間の新症例数が100万例と推定されているが、このほど、乳がんの易罹患性に関連する複数の遺伝的多型が新たに見つかった。 今回、D Eastonたちは、女性を対象とした40以上の世界規模での研究に由来する70,000以上の乳がん症例と約68,000例の対照についてゲノムワイド関連解析を行い、乳がんの易罹患性に関連する3つのゲノム領域を新たに同定した。そのうちの2つの領域は、エストロゲン受容体陽性乳がんだけと関連していた。Eastonたちは、これらの領域に含まれる有望な関連遺伝子候補が、乳腺の発生とがん細胞の増殖に関与していることを指摘し、乳がんの病態形成に関与している可能性の高い複数の機構を示している。

Genetic variants associated with breast cancer susceptibility are reported this week in Nature Genetics. Breast cancer is the most common cancer amongst women, with an estimated incidence of one million new cases annually. Douglas Easton and colleagues report genome-wide association analyses on over 70,000 breast cancer cases and 68,000 controls, including women from over 40 worldwide studies. They identify three genomic regions newly associated with breast cancer susceptibility. Two of these showed association only with estrogen receptor-positive breast cancer. They note plausible candidate genes involved in mammary gland development and breast cancer cell growth, suggesting mechanisms likely to be involved in breast cancer pathogenesis.

doi: 10.1038/ng.1049

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度