Research press release

メラノーマの発症リスクに関連する多型

Nature Genetics

Variants associated with melanoma risk

2つの研究によって、合計4つのメラノーマ感受性座位が新たに同定された。それぞれの結果を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。 メラノーマ(黒色腫)は、メラノサイト(メラニン色素を産生する細胞)から発生する皮膚がんの一種だ。世界では、毎年、約16万件の新たな症例が報告され、4万8000人がメラノーマで命を落としている。 D Bishopの研究グループとS Macgregorの研究グループは、それぞれ独立してゲノムワイド関連解析を行い、メラノーマ感受性に関連する4つの遺伝的領域を同定した。Bishopたちは、数千人のメラノーマ患者のゲノムを解析し、発症リスクに関連する3つの遺伝的座位を2番、11番、21番染色体上に同定した。一方、Macgregorたちは、数千人のメラノーマ患者の全ゲノム関連解析を実施し、メラノーマのリスク座位を1番染色体上に同定した。

Four melanoma susceptibility loci are reported in two studies published online this weekin Nature Genetics.Melanoma is a form of skin cancer that arises in melanocytes, which are cells that produce pigment. Worldwide, there are approximately 160,000 new cases of melanoma and 48,000 deaths from melanoma every year.

David Bishop, Stuart Macgregor and their respective colleagues conducted independent genome-wide association studies and together identified four genetic regions that are associated with susceptibility to melanoma. David Bishop and colleagues analyzed the genomes of a few thousand individuals with melanoma and identified genetic risk loci at chromosomes 2, 11 and 21. Stuart Macgregor and colleagues also performed a genome-wide scan on a few thousand individuals with melanoma and discovered a genetic risk locus on chromosome 1.

doi: 10.1038/ng.959

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度