Research press release

双極性障害に関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variant associated with bipolar disorder

このほど、双極性障害に関連する遺伝的多型が新たに同定された。双極性障害は、重篤な精神疾患の1つで、一般集団における発症率は1%を超えている。研究結果を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

Psychiatric GWAS Consortium Bipolar Disorder Working Group(精神医学ゲノムワイド関連解析コンソーシアム双極性障害ワーキンググループ)のP Sklarたちは、16,731人を対象とした双極性障害の関連解析を行い、46,918人の追試サンプルで解析結果の再現性を確認した。今回の解析で、Sklarたちは、双極性障害に関連するODZ4遺伝子の遺伝的多型を同定した。Sklarたちは、カルシウムチャネルのサブユニットで構成された経路が双極性障害のリスクに影響を与えるという考え方を示している。

A genetic variant associated with bipolar disorder is reported this week in Nature Genetics. Bipolar disorder is a severe psychiatric disorder affecting more than 1% of the population.

Pamela Sklar and colleagues from The Psychiatric GWAS Consortium Bipolar Disorder Working Group report an association study of bipolar disorder from 16,731 individuals and a replication sample of 46,918 individuals. They identify a genetic variant in the ODZ4 gene that is associated with bipolar disorder. The authors suggest a pathway comprised of subunits of calcium channels as influencing risk of bipolar disorder.

doi: 10.1038/ng.943

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度