Research press release

喘息に関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with asthma

このほど、2つの独立した研究によって、喘息に関連する遺伝的多型が新たに4つ同定された。この研究成果を報告する2編の論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

喘息は、喘鳴の発作や呼吸困難、咳、胸部圧迫感を特徴とする慢性炎症性疾患で、現在、全世界に3億人以上の患者がいる。

D Torgersonたちは、さまざまな民族の被験者(合計18,065人)を対象とした解析を行い、PYHIN1遺伝子において、喘息に関連する新たな座位を同定した。この関連は、アフリカ系の被験者に特異的だった。

一方、理化学研究所の玉利真由美たちは、日本人の喘息患者7,171人について解析を行い、この集団において3つの喘息感受性座位を同定した。

Four new genetic variants associated with asthma are reported in two independent studies published online this week in Nature Genetics.

Over 300 million individuals worldwide are affected by asthma, which is a chronic inflammatory disease characterized by wheezing attacks, difficulty breathing, coughing and chest tightness.

Dara Torgerson and colleagues report an analysis of 18,065 individuals of various ethnic groups and identify a new genetic locus associated with asthma at the gene PYHIN1. This association is specific to individuals of African ancestry.

In another study, Mayumi Tamari and colleagues analyzed 7,171 Japanese individuals with asthma and identified 3 susceptibility loci for asthma in this Asian population.

doi: 10.1038/ng.888

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度