Research press release

イチゴのゲノム塩基配列解読

Nature Genetics

Strawberry genome sequenced

エゾヘビイチゴのゲノムについて報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

エゾヘビイチゴ(Fragaria vesca)は、北半球全体にみられる在来植物種で、長い間、人間が食用としてきた。香りの強い小さな果実をつけ、今から約250年前まで広範に栽培されていたが、より大型の果実をつけるオランダイチゴ(Fragaria X annassa)が代わって栽培されるようになった。

今回、国際イチゴ配列決定コンソーシアム(International Strawberry Sequencing Consortium)が、エゾヘビイチゴのゲノム塩基配列を解読したことを報告している。これが、Fragaria属の標準ゲノムになると考えられる。

The genome of the woodland strawberry is reported online in this week’s issue of Nature Genetics.

The woodland strawberry (Fragraria vesca) is a native plant found throughout the Northern Hemisphere, with a long history of human consumption. The woodland strawberry plant produces small, strongly flavored fruit and was cultivated widely until about 250 years ago, when it was replaced by the garden strawberry (Fragaria X annassa), which produces larger fruit.

The International Strawberry Sequencing Consortium reports the genome sequence of woodland strawberry, which should serve as a reference genome for the Fragaria genus.

doi: 10.1038/ng.740

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度