Research press release

アルツハイマー病に関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Alzheimer’s disease genetic associations

アルツハイマー病に関連する遺伝的多型について報告する2編の論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。アルツハイマー病は、最もよくみられるタイプの認知症で、高齢者の罹患率が高い神経変性疾患である。

今回、G Schellenbergらは、8309症例と認知機能の正常な7366人の対照について、遅発性アルツハイマー病のゲノムワイド関連解析を実施した。また、J Williamsらは、過去に実施された4件のアルツハイマー病のゲノムワイド関連解析結果の統合解析を行った。さらに、統合解析と新しい解析のデータセットを用いて再現解析が行われ、アルツハイマー病に関連する5つの座位が新たに同定されたことが、両研究チームの論文で報告されている。その結果、アルツハイマー病の感受性座位であることが確認された座位の数は10となった。これらの座位には、免疫機能、細胞膜での過程や脂質処理において役割を担う候補遺伝子が含まれている。

したがって、今回の研究は、神経変性と脳からのベータアミロイド(Abeta)のクリアランスに関与している可能性のある経路に光を当てるものといえる。

Genetic variants associated with Alzheimer’s disease are reported in two studies this week in Nature Genetics. Alzheimer’s disease, the most common form of dementia, is a neurodegenerative disorder with a high prevalence in the elderly.

Gerard Schellenberg and colleagues report a genome-wide association study for late onset Alzheimer’s disease including 8,309 cases and 7,366 cognitively normal controls. Julie Williams and colleagues conducted combined analyses of four previously reported genome-wide association studies for Alzheimer’s disease. Through replication analyses across combined and additional datasets, the two papers together report five loci newly associated with Alzheimer’s disease. This brings to 10 the number of confirmed Alzheimer’s disease susceptibility loci, and together these include candidate genes with roles in immune function, processes at the cell membrane, and lipid processing.

This work therefore highlights pathways that may be involved in neurodegeneration and Abeta clearance from the brain.

doi: 10.1038/ng.801

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度