Research press release

Burkholderia dolosaが宿主に適応する過程

Nature Genetics

Bacterial adaptation to host

嚢胞性繊維症の患者の間で細菌性病原体Burkholderia dolosaが流行したときのB. dolosaの進化の過程を解明するために全ゲノム塩基配列解読が用いられ、このほど、その結果が明らかになった。今回の研究は、臨床疫学研究におけるハイスループット塩基配列解読技術の有用性を示す実例であり、ヒト宿主が病原体に感染する際の病原体ゲノムの進化に関する手がかりをもたらしている。

今回、R Kishonyたちは、1990年代に米国ボストンの1つの病院の嚢胞性繊維症患者の間で起こったB. dolosaの流行について調べた。B. dolosaは、肺炎を引き起こすことがある。Kishonyらは、B. dolosaに感染した14人の嚢胞性繊維症患者から採取したB. dolosaの分離株(16年間にわたって収集された112の分離株)について全ゲノム塩基配列解読を行った。そして、進化解析と疫学解析を行って、これらの患者における細菌伝播のネットワークに関する推論を立て、選択の標的として17個の遺伝子を同定した。Kishonyらは、これらの遺伝子が、B. dolosaの発生病理とヒト宿主への適応で何らかの役割を果たしていると考えている。

Whole-genome sequencing used to track the evolution of a bacterial pathogen during a Burkholderia dolosa outbreak amongst cystic fibrosis patients is reported this week in Nature Genetics. This provides an example of the utility of high-throughput sequencing technologies in a clinical epidemic setting and provides insights into pathogen genomic evolution during infection of their human hosts.

Roy Kishony and colleagues examined a historical epidemic of B. dolosa — that can cause pneumonia — that occurred amongst patients with cystic fibrosis tracked in a single Boston hospital in the 1990s. They sequenced the whole-genomes of B. dolosa isolates obtained from 14 cystic fibrosis patients from this outbreak, including 112 bacterial isolates collected over the course of 16 years. They conducted evolutionary and epidemiological analyses, and are able to infer the network of transmission amongst these patients. They further identified 17 genes as targets of selection, suggesting that they play a role in B. dolosa pathogenesis and adaptation to their human host.

doi: 10.1038/ng.997

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度