Research press release

HIV-1の薬剤耐性における遺伝的相互作用

Nature Genetics

Genetic interactions in HIV-1 drug resistance

HIV-1の薬剤耐性における遺伝的相互作用の適応度地形を解析した結果が、Nature Genetics(電子版)で報告される。現在、HIV感染治療の投薬計画には、20種以上の薬剤が含まれ、薬剤耐性に関連する変異が200種以上も判明している。 今回S Bonhoefferらは、日常的な薬剤耐性検査を受けるHIV-1サブタイプB感染者から採取した70,081点のウイルス検体を調べた。そして、この一連のウイルス検体に由来するプロテアーゼ遺伝子と逆転写酵素遺伝子の塩基配列を決定し、薬剤で処理しない場合と15種の薬剤のうちの1種で処理した場合のウイルス検体のin vitro適応度を計測した。その結果、遺伝的多型間の相互作用が、HIV-1のプロテアーゼと逆転写酵素の適応度地形に大きく寄与することが判明した。

An analysis of the fitness landscape of genetic interactions in HIV-1 drug resistance is reported this week in Nature Genetics. Current drug regimens for treating HIV infection include over 20 different drugs, and over 200 mutations have been associated with drug resistance.

Sebastian Bonhoeffer and colleagues examined 70,081 virus samples from HIV-1 subtype B infected individuals undergoing routine drug resistance testing. They sequenced the protease and reverse transcriptase genes from the population of virus samples, and measured the in vitro fitness of virus samples in the absence of drugs, or in the presence of one of 15 different individual drugs. They find that interactions between variants contribute significantly to the fitness landscape of HIV-1 virus protease and reverse transcriptase.

doi: 10.1038/ng.795

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度