Research press release

CRISPRスクリーニングで見つかったHIV感染症の新たな治療標的

Nature Genetics

CRISPR screen gleans new targets for HIV therapy

CRISPR/Cas9ゲノム編集技術を用いてHIV感染に必須の細胞因子が新たに同定された。これらの細胞因子を不活化したところ、細胞の生存能を損なわずにHIV感染を予防できたため、これらの細胞因子が新たな薬剤や遺伝子治療の標的候補として有望視されている。この研究成果を報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。

今回、David Sabatini、Eric Lander、Nir Hacohen、Bruce Walkerその他の研究者からなるチームは、CRISPR/Cas9を用いてHIVの自然宿主細胞であるT細胞のライブラリーを作成した。このライブラリーでは、ヒトゲノムに含まれる遺伝子の大半が個別的に不活化された。次にSabatiniたちは、このT細胞のライブラリーにHIVを感染させて、遺伝子変異によってT細胞がHIV感染に抵抗性を示す一方でT細胞の正常な機能は損なわれないという遺伝子を同定するためのスクリーニングを行った。その結果、そのような遺伝子が合計5個同定された。そのうちの2つは、HIV感染に重要なことがすでに知られており、残りの3つが今回新たに同定された。そしてSabatiniたちは、機能実験による追試と健康なヒトのドナーから単離されたT細胞において今回の発見を検証した。

古い技術に依拠してHIV感染に重要な宿主因子のスクリーニングを行った過去の研究では、数多くの標的候補が同定されたが、複数のスクリーニングで同じ標的候補が同定される例がわずかしかなかった。このことは、結果の偽陽性率が高かったことを示唆している。今回のスクリーニングの結果は、新たな抗HIV治療法の有力な標的候補を生み出す可能性がある。

Novel cellular factors essential for HIV infection are identified using CRISPR/Cas9 genome editing technology in a paper published online this week in Nature Genetics. Importantly, inactivation of these factors prevents HIV infection but does not affect cell viability, making them promising candidate targets of novel drugs or gene therapy.

David Sabatini, Eric Lander, Nir Hacohen, Bruce Walker and colleagues used CRISPR/Cas9 to create a library of T cells, the natural host for HIV, in which the vast majority of genes in the human genome were inactivated individually. They then infected these cells with HIV and screened for genes that, when mutated, rendered the cells resistant to HIV infection without affecting normal cell functions. They identified five such genes in total-two of which were already known to be important for HIV infection, along with three novel factors-and validated their findings with follow-up functional experiments and in T cells isolated from healthy human donors.

Previous screens for host factors important for HIV infection that used older technology were able to identify many candidate targets, but there was little overlap between screens, suggesting high rates of false positive results. The results from the current screen could represent strong candidates for targets of new anti-HIV therapies.

doi: 10.1038/ng.3741

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度