Research press release

一般的なタイプの肥満とそのリスクに関与する酵素

Nature Genetics

Enzyme implicated in risk of common obesity

ヨーロッパ系の人々において、一般的なタイプの肥満に対する高いリスクと関連する遺伝子の複数の多型が同定された。この成果を報告する論文は、Nature Genetics(電子版)に掲載される。一般的なタイプの肥満は、数多くの遺伝子多型の影響を受けており、それぞれの多型は、個人の肥満感受性に少量の寄与をしている。

PCSK1遺伝子の突然変異は、単一遺伝子の突然変異と関連するまれなタイプの肥満の一種を引き起こすことが既に明らかになっている。

ロンドン大学インペリアルカレッジ(英国)のP Froguelらは、PCSK1遺伝子の複数のありふれた多型が、複数の遺伝子が役割を果たしている可能性が高い、より一般的で複雑なタイプの肥満の素因となっているかどうかを調べた。PCSK1タンパク質のアミノ酸配列を変化させる3種類の多型の出現頻度は、ヨーロッパ系の肥満者(13,000人以上)のゲノムの方が、肥満でない対照群のゲノムよりも高かった。この3種類の多型は、小児肥満に対する高いリスクとも関連していた。PCSK1は、エネルギー代謝を調節するホルモンを不活性型から活性型へ変換する酵素である。Froguelらは、体重の調節と大きく関連するPCSK1タンパク質の基質を具体的に同定する必要性を強調している。

Scientists have discovered gene variants associated with increased risk of common obesity in people with European ancestry, reports a study online this week in Nature Genetics. Common forms of obesity are influenced by variants in many genes, each contributing a small amount to an individual’s susceptibility.

Mutations in PCSK1 were previously shown to cause one of the rare forms of obesity that are associated with mutations in a single gene.

Philippe Froguel and colleagues asked whether common variants in PCSK1 predispose to more common, complex forms of obesity, in which multiple genes likely have a role. Three variants that change the sequence of the PCSK1 protein were found more frequently in the genomes of more than 13,000 obese individuals of European ancestry than in the genomes of non-obese controls. These variants were also associated increased risk of childhood obesity. PCSK1 is an enzyme that converts inactive forms of hormones that regulate energy metabolism into active forms. The authors emphasize the need to identify the specific substrates of PCSK1 that are most relevant to the control of body weight.

doi: 10.1038/ng.177

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度