Research press release

サモア人の肥満の一因となっている「倹約」遺伝子バリアント

Nature Genetics

A ‘thrifty’ variant contributes to obesity in Samoans

サモア人の肥満リスクを高めるCREBRF遺伝子のバリアントが見つかった。このバリアントは、エネルギー消費を減らしつつ、脂肪貯蔵を増やす、つまり倹約をもたらすと予測されており、過去の食料不足の時代にサモア人の役に立っていた可能性がある。  サモア人は、肥満の有病率が世界で最も高く、2010年にはサモア人男性の80%とサモア人女性の91%が過体重または肥満だった。その原因は、現代の食生活の変化と身体活動の減少である可能性が高い。また、サモアは、その3,000年の歴史を通じて比較的孤立していたという点が特徴的である。そのためにサモア人の遺伝的多様性の幅は、大部分の本土の集団と比べて小さい。これが、創始者効果という現象である。

今回、S McGarveyたちは、3,072人のサモア人を対象とした全ゲノム関連解析を行って、肥満と関係する形質との関連が認められる遺伝的バリアントを同定した。その結果、CREBRF遺伝子に存在するバリアントが、ボディマス指数(BMI)の増加、体脂肪率、空腹時血糖値、その他の肥満に関係する形質と関連していることを明らかにした。

このバリアントのBMIに対する効果量は、既知の高頻度リスクバリアントの中で最も大きかった。創始者効果の結果、このバリアントはサモア人に高頻度に見られ、このバリアントを1コピーまたは2コピー有するサモア人が全体の約45%を占めているのに対して、他の集団では極めて低頻度になっている。このCREBRF遺伝子のバリアントの機能について解明を進め、このバリアントの発見がサモア人以外の集団における肥満の理解を深める上で役立つかどうかを見極めるには、さらなる研究が必要だ。

A genetic variant in the gene CREBRF that increases the risk of obesity in Samoans is reported in a study published online this week in Nature Genetics. The variant is predicted to be thrifty - increasing fat storage while decreasing energy use - which may have been beneficial to Samoans in the past during times of food scarcity.

Samoans have among the highest prevalence of obesity in the world. In 2010, 80% of Samoan men and 91% of Samoan women were overweight or obese, likely owing to changes in modern diets and reduced physical activity. Samoa is also unique because it has remained relatively isolated throughout its 3,000-year history. This has led to a lower level of genetic variability among Samoans than in most mainland populations, a phenomenon known as a founder effect.

Stephen McGarvey and colleagues conducted a genome-wide association study in 3,072 Samoans to identify genetic variants associated with traits related to obesity. The researchers find a variant in the gene CREBRF associated with increased body mass index (BMI), percentage body fat and fasting glucose levels, among other obesity-related traits. The variant’s effect on BMI is the largest of any known common risk variant. As a consequence of the founder effect, the variant is common in Samoans (approximately 45% of Samoans have 1 or 2 copies) but is extremely rare in other populations. Future work is needed to better understand the function of the CREBRF variant and whether this discovery can help improve understanding of obesity in non-Samoan populations.

doi: 10.1038/ng.3620

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度