Research press release

一般的な白血病の遺伝的危険因子

Nature Genetics

Inherited risk factors for common leukemia

慢性リンパ球性白血病(CLL)に対する感受性に寄与する遺伝的危険因子の存在を示す初めての明確な証拠を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。白血病患者の約25%は、CLLに罹患している。

CLLの原因は、B細胞(骨髄で作られる白血球の一種)の異常な増殖である。CLLの家族歴をもつ人は発症リスクが高くなることが知られているが、このリスクの遺伝的基盤は明らかになっていなかった。

癌研究所(英国サットン)のR Houlstonらは、CLL患者を対象とした全ゲノム関連解析を行い、その後、別の2つのグループで追試し、この解析結果を再現した。その結果、CLLの発症リスクをわずかに上昇させる6種の頻度の高い遺伝子多型が同定された。そのうちの3種は、CLLに関与する遺伝子の有力候補とされる遺伝子の座位又はその近傍に位置していた。6種の多型をすべて有する人は、発症リスクが8倍に上昇すると推定されている。また、Houlstonらは、これらの多型が、他のB細胞増殖異常による疾患のリスクにも影響している可能性があるという見方を示している。

Scientists have produced the first unequivocal evidence for inherited factors that contribute to susceptibility to chronic lymphocytic leukemia (CLL), reports a paper online this week in Nature Genetics. Approximately 25% of all individuals with leukemia have this form of the disease.

CLL results from the abnormal proliferation of B cells ? a type of white blood cell that originates in the bone marrow. While it is known that individuals with a family history of CLL are at higher risk, the genetic basis of this risk has not been defined.

Richard Houlston and colleagues carried out a genome-wide association study of individuals with CLL, followed up by replication attempts in two additional groups. They found six common variants that modestly increase risk of the disease. Three of these variants are in or near genes that are good candidates for involvement in CLL, based on their known functions in B cells. Individuals with all six variants are estimated to have an eightfold elevated risk of disease. The authors suggest that these variants may influence the risk of other disorders of B-cell proliferation as well.

doi: 10.1038/ng.219

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度