Research press release

ビタミンAをバイオ強化したトウモロコシ

Nature Genetics

Vitamin A biofortification in corn

ビタミンA前駆体であるベータカロチンの合成に関与するcrtRB1遺伝子における複数の自然発生的な多型が、トウモロコシの高いベータカロチン量に関連することを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。現在、こうした有益な遺伝的多型は、健康状態改善のためにビタミンAを必要とする開発途上国で栽培される熱帯性トウモロコシに交配によって導入されている。

開発途上国では、年間数十万人の子どもが、ビタミンA欠乏症(VAD)が原因で失明し、その半数は、VAD関連の疾患で命を落としている。自然発生した遺伝的多型を使ってビタミンAをバイオ強化した作物を作り出すことは、VADやその他の微量栄養素欠乏症と闘う1つの方法だ。

T Rochefordらは、トウモロコシを使って、ベータカロチンの合成に関与することが知られる酵素ベータカロチンヒドロキシラーゼの自然発生変異体を調べた。その結果、crtRB1遺伝子における特定の遺伝的多型の組み合わせによって、トウモロコシのベータカロチン量が、ベースライン値の0.5マイクログラム/グラムから平均で約9マイクログラム/グラムに増加することを明らかにした。

Naturally occurring genetic variants at the crtRB1 gene ― involved in synthesis of beta-carotene, a precursor of vitamin A ― are associated with increased levels of beta-carotene in maize, according to a report published online this week in Nature Genetics. These favorable variants are presently being bred into tropical maize grown in developing countries where vitamin A is needed to improve health.

In developing countries, vitamin A deficiency (VAD) leads to blindness in several hundred thousand children each year, half of whom die from VAD-related problems. Vitamin A biofortification of crops using naturally occurring genetic variants is one solution in combating VAD and other micronutrient malnutrition.

Using maize, Torbert Rocheford and colleagues surveyed naturally occurring variants of beta-carotene hydroxylases ― enzymes known to be involved in the synthesis of beta-carotene. The scientists identified a combination of genetic variants at crtRB1 that led to an average increase of beta-carotene in maize from a baseline level of 0.5 micrograms/gram to approximately 9 micrograms/gram.

doi: 10.1038/ng.551

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度